忙しくてもできる外壁リフォーム解消のコツとは
ホーム > スマホ > 在宅ワークでパソコンが再び活躍

在宅ワークでパソコンが再び活躍

現在、仕事を探さなきゃと思いつつ、在宅ワークで内職の花作りと同じ様な単価の仕事をしている日々です。

 

子供が学童に行くのは嫌だというので、子供が学校に行っている間の9時から14時くらいの仕事で、長期休暇には仕事を免除してくれるところを探しています。

事務がいいのですが、この条件ではあって飲食店位かなぁって感じです。

 

やらないよりはマシと在宅ワークを始め、子供が出来て以来、年賀状作りにしか活躍していなかったパソコンが再びフル活動しています。

 

ですが在宅ワークはホント割に合わないです。

 

利点は、

時間が自由。

納期がほぼない(私の選んでいる仕事は)。

 

事のみです。

 

テーマによるライティングの仕事をしましたが、私はなるべく経験に基づいた事を書いていたので書き上げるのに5時間くらいかかりました。

一記事900円です。

5時間かけて900円。

 

時給1400円で派遣の仕事をしていたのに・・・とか思ってしまいます。

 

ただ、やりがいはあったし、良いクライアントさんだったので、まとめ記事がネットで問題にならなかったら続けていたと思います。

でも、プレッシャーでしたけどね。

 

在宅ワークはネット上で納品のやり取りをしなくていけないので、出かけ先でもパソコンをひらきWi-Fiをつなげ、始める前に色んなソフトをダウンロードしなくてはいけない事があります。

 

スマホでできる仕事ならいいんだけど・・・。

これがまた、ソフトの使い方を覚えてる時間はお金に換算されないので、ここでまた、派遣なら・・・と思ってしまいます。

 

 

もう1つは画像加工の仕事です。

アマゾンや楽天なんかの商品を探す時に出てくるあの正方形の写真です。

 

この仕事をするために、3つくらい知らないソフトをダウンロードしました。

これがまた、メールの登録やらなんやら、ややこしくて、中々仕事に入れず、だいぶ後悔しました。

 

今はスムーズですが、1つの仕事にかかる時間が商品によって違うので、割に合わないなぁと思いつつ、なら仕事を探せよと自分を責めつつやっています。

 

同じ仕事をやっている方とプライベートの話なんかもチャットワークでお話できたりして楽しい部分もありますけどね。

 

基本、派遣でも画像をいじる仕事が多かったので、同じ仕事やっても派遣なら1400円!としみじみ思ってしまいます。

 

在宅ワークの単価を上げる様に政府が支援してくれないかしら。